バークレー警察:「マルクス主義反対集会」を攻撃したアンティファに関連し13人を逮捕

日本の報道では、アンティファが抗議している団体は、白人至上主義の極右の集会と報道されていましたが、これは極右というより「保守系のマルクス主義反対集会」でした。また、シャーロッツビル事件も「KKKとアンティファが同じバスから降りてきた」という証言もあり、様々な疑問の声があがっていています。
ゆがめられた報道では、ファシズムに反対するというアンティファが正義の味方のような論調でしたが、だんだん化けの皮がはがれてきています。

Daily Callerより

警察は今週末のバークレーでの抗議活動の暴力に関連して13人を逮捕した。
この乱闘では、大部分が平和的である右翼の抗議者が反対派である左翼の過激派運動家アンティファの黒人たちの暴力の標的になった。

マルティン・ルーサー・キング・ジュニア・シビックセンターパークでこれまでなかった「マルクス主義に反対」集会が行われる予定だった。
この集会に対し、アンティファが抗議を行った。

「マルクス主義反対集会」が中止になったにも関わらず、主に左翼と反政府勢力の4,000人以上が抗議していた。
彼らの多くは、「NOトランプ、NOウォール(国境の壁)、とにかくNOアメリカ」のようなスローガンを唱えた。

抗議者はまた、UCバークレー校のキャンパスで「嫌がらせをする」ための別のデモを設定した。

バークレー警察は、CBSサンフランシスコに、様々な犯罪の容疑で、20歳から47歳の間に13人の容疑者を逮捕したと語った。
特定の人物には、凶暴な武器による暴行、重罪暴行、および市の地方自治体コード違反で起訴された。
警察は、容疑者のほとんどがバークレーとオークランド出身であると述べたが、1人はネバダ州スパークス出身である。

1人の警官が逮捕中に負傷し、他の警官はペンキをかけられた。
6人が救急医療従事者の医療を必要とする重症を負い、さらに2人は治療のため入院しなければならなかった、と警察は報告した。
バークレー警察は、逮捕者の名前と写真を公開した。
逮捕された人の一人はエミリー・ギレスビーで、地元のFoxの関連会社を攻撃したされるビデオで逮捕されていた。

セス・バスケス(25歳) バークレー
マーク・ミショヒンク(23) オークランド
ジェームズ・ドミニック(23歳)オークランド
クリストファー・ウィリック(39歳) サンディエゴ郡アルパイン
ハーラン・パンカウ(38歳)サンディエゴ郡ジャムル
レヴィ・スミス(32歳)ネバダ州スパークス
ショーン・ハインズ(20歳) サンタローザ
ブルターニュ・ムーアマン(26歳)オークランド
Yesenia Mendez、(22)都市不明
エミリー・ギレスピー、(22歳) バークレー
シーン・ドゥガン(47歳)オレゴン州ポートランド
レイチェル・ムーア(40歳)オークランド
ジョシュア・フィリップス(36歳)オークランド

関連記事こちらもどうぞ:民主党の「群衆雇用」会社は、シャーロッツビルの「テロ」に、1時間につき25ドル支払った。

 

この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

コメントを残す