北朝鮮の最新プロパガンダは、トランプを墓地に置く

北朝鮮からのプロパガンダビデオは、後ろ姿ではっきりと特定できないが、トランプ大統領(もしかするとペンス副大統領)が米国の広大な墓地を見渡していて、米国領のグアムへの核攻撃の余波をトランプ大統領に示している。

フォックス・ニュースによると、朝鮮半島の大規模な軍事訓練に携わる中で、火曜日、北朝鮮の国営テレビを通じてこのプロパガンダを発表し、トランプ大統領とアメリカの同盟国に明確な脅威を送った。

「トランプは、戦争が勃発する時は、朝鮮半島で起きる。何千人もの人々の死ぬことがあれば、朝鮮人だけにすぎない。アメリカ人は、よく眠れる」との公式声明を発表した。

「米国は、このような無謀な侵略戦闘工作によって引き起こされる破壊的な結果について、完全に責任を負わせるだろう」と付け加えた。

金正恩独裁者とトランプ大統領の間の言葉の戦争は、最近、韓国との合同戦争で米国を脅かしているとの見方が高まっている。

仰々しい警告にもかかわらず、米国と韓国の関係者は、地域内での戦争の勃発に備えるため軍事準備の訓練が必要であると述べ、演習が進んでいる。

h/t  Sean Hannty.com

 

この記事が気に入ったらシェアをお願いします。

コメントを残す