【ライフ:ファッション】グッチ:高級ターバンを販売し批判を浴びる

Post by Mariko Kabashima 2019/05/16 18:31

高級ブランドのグッチが、最近、およそ800ドルで発売した高級ターバンについての批判をあびています。ターバンは、シーク教徒にとって、信仰上の聖なる物として身に着けるものです。

シーク教徒連合が、次のようにツイートしました。

「シーク教徒のターバンは単なるファッションアクセサリーではなく、信仰の神聖な宗教的意味を持ちます。私たちはこの重要な意味をもつ背景を、より理解していただくよう希望します」と批判し、グッチが文化の盗用したと非難しているように見える「#appropriation」が付いています。

シーク教徒の人々は、シーク教徒であることを示すためにターバンを巻きます。
グッチは「インディ・フルターバン」と表示された商品を、小売価格800ドル近くで販売していますが現在は売り切れで、ノードストロームのウェブサイトにも掲載されていません。

グッチはこれまで、批評家が無神経だとする商品をつくる非難を浴びてきました。


最近では、タートルネックのセーターを引き伸ばし黒人に見えるデザインについて、イタリアを拠点とするデザイナーが謝罪しました。

赤く切り込みの入った黒い布で顔の半分を覆う「Balaclava」という黒のタートルネックセーターは900ドル近くで売られていました。プラダやシャネルなど他のファッションブランドは、物議を醸している商品について批判にさらされており、有色人種のデザイナーをもっと雇うよう求められています。

H/T The Hill

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアをお願いします。