【英国レポート第6弾② 英EU離脱のウラ事情】EAD密約の呪縛からの解放を突いた寄稿記事(全文紹介)

上記写真は英外務・連邦省提供。1月初めの「ホロコースト・メモリアル・デー(HMD)」の記念式典で。(英国のパレスチナ委任統治領へのユダヤ人移民の流入を抑えることなどを明記した)1939年の年次報告白書は「道徳的な誤ちだった」と表明したジェレミー・ハント英外務相


英国現地より、当サイト独自レポート第6弾の②

第6弾の①はこちら

Post by   Eshet Chayil ーONTiB Contributor 2019/04/11  21:57JST  update 2019/04/12 21:37JST


オイル価格安定の代償?中東で唯一の民主主義国家を痛めつける「アンホーリー・アライアンス(EUとアラブ連盟の密約という邪悪な同盟)」から私たちを解放するブレグジット。

Heart】ヒュー・キットソン著

欧州連合(EU)を離脱しようとする我が国の試みは、英議会に未曾有の混乱をもたらしました。

 3月までの8ヶ月間でメイ保守党政権からは閣僚数人が辞任したうえ、2大政党である保守と労働から併せて11人の議員が離反、「ザ・インディペンデント・グループ(TIG)」を形成しました。通称は、新しい政党グループのTIGと「Tigers(虎の複数形) 」を併せた「TIGers」。(労働党内にくすぶる)反ユダヤの差別主義や、ブレグジットに反対という立場をとっています。

 法廷離脱日だった3月29日を目前に英議会が急展開した数週間は、メイ政権内に存在する深い亀裂を露呈したばかりか、英議会そのものが制御不全に陥りました。議員の多くが「名だけのEU離脱(訳注:英国をEUの関税同盟や欧州司法裁判所の管轄下などに留めおき、発言権や拒否権は失くす一方で、EU法は新法も含めて服従するというもの。別名ソフトブレグジット)」になるよう注力する傍で、離脱そのものを全面的に阻止しようと動いた議員もいました。

 私たちは英議会の大混乱を見せつけられたわけですが、この現象には、(中東で唯一の民主国家である)イスラエルという国に対する英国の外交姿勢との深い相関関係があるのでは、という疑問を沸き立たせます。

 我が国・英国を、その歴史上で、神が、聖書の示す祖国の地にユダヤ民族の国家を再建できるようにするために用いたことは紛れも無い事実です。

 私がオーストラリアの友人ケルビン・クロムビーと共同で「英国の使命(ザ・デスティニー・オブ・ブリテン)」というドキュメンタリー映画を制作してからすでに10年以上がたちました。映画で掲げた論説は、人類救済という壮大な神のご計画において、当時の大英帝国(オーストラリアやニュージーランドを含む)が果たした使命とは、ユダヤ民族にイスラエル帰還を促す「キュロス国家」になる、ということです。

訳注:聖書が示す壮大な叙事詩の一環として、エルサレムの第2神殿崩壊後、2000年に渡り世界各地に離散していたユダヤ民族は終末のときにイスラエルの地に再び呼び戻されるという聖書解釈がある。「キュロス国家」という表現は、紀元前500年代のペルシャ王キュロスが統治下に納めていたペルシャ帝国や新バビロニア帝国内に離散していたユダヤ民族に対し、イスラエルの地への帰還・第2神殿建設を許したという旧約聖書中の記録や史実に基づいたもの。大英博物館が所蔵するキュロスの円筒印章は、聖書が記す史実性を裏付けるとして名高い。

 霊的な意味では、1917年のバルフォア宣言は、大英帝国が神の召しに応えた結果であると言えるのです。



ブレグジットと「イスラエル・パレスチナの2国家共存」という政策の相関関係

 「英国の中東政策とブレグジットに相関関係なんぞあるのか?」と、思われる方もいるかもしれません。

 奇妙なことに、霊的なつながりは深いのです。英国は国として実は、すでに神の裁きを受けていると私は見ています。英国は(バルフォア宣言に続く、1920年のサン・レモ会議で定められた)パレスチナの委任統治で課せられた責任や権限を、ほぼすべての段階において反故にして、放棄しました。憂うべきは、(1948年5月14日のイスラエル独立宣言による)イスラエル再建は、とどのつまり、英国が課された使命を果たさなかったにも関わらず、成就したという点です。

 簡単に歴史を振り返ってみましょう。国際連合総会は1947年11月、パレスチナ分割決議案を採決しました。(訳注:分割決議案は英国の委任統治に終止符を打ち、ユダヤ人とアラブ人国家を創出するという、いわば「2国家共存」案の原型)。オーストラリが賛成票を投じた最初の国となった一方で、英国は棄権。アラブ諸国の指導者はこぞって、2国家共存を拒絶しました(ユダヤ人指導者は総じて賛成)。

 採決結果は賛成33カ国、反対13カ国。ユダヤ民族にとって古代から所縁のある同地域での自決権を確立する上での法的根拠となり、イスラエル建国に弾みを付けたのです。(訳注:採決結果が明らかになると、アラブ人とユダヤ人の間での武力紛争がぼっ興、ユダヤ人側は英委任統治が時効となる時を制して独立宣言を行った。第一次中東戦争と呼ばれる戦争は、1949年1月の休戦協定まで続いた)。

 この第一次中東戦争の際、ヨルダンのハシェミット王国は、国連の分割案では第二のアラブ人国家「パレスチナ」となるはずの領土の大半を、英国の支援を受けて不法占領したのです。第二のアラブ人国家と言うのは、第一のアラブ人国家がすでに形成されているからで、英委任統治領パレスチナにおいて、英国がユダヤ人移民の受け入れを禁じていた(1922年には国際連盟が承認)領域、つまりヨルダン川東部に広がる広大な(委任統治領の実に約8割にあたる)領土のことを指します。この領土を持つ、第一のアラブ人国家として「トランスヨルダン王国」が1946年に独立(1950年にハシェミット王国と改名)したのです。

 ヨルダンによる、エルサレムの旧市街(東エルサレム)やユダ・サマリヤ(西岸地域)の領土の武力押収は、英国のパレスチナの委任統治を定めた1922年の原則に違反するほか、(武力による威嚇や武力行使を禁じた)国連憲章の第2条にも違反します。(イスラエル建国を認めないアラブ諸国との間で)イスラエルは第一次中東戦争の後も25年間に渡り、一連の自衛戦争を余儀なくされました。1967年にはついに、1948年からヨルダンが不法占領してきた領土や、さらにシナイ半島を制圧したのです。その後も1973年に再び、ユダヤ人国家のせん滅を図るエジプトとシリアがイスラエルに攻撃を仕掛けましたが、苦戦の後にイスラエルが勝利を収めました。

訳注:ユダヤ教のなかで最も神聖とされる贖いの日『ヨム・キプール』を狙って仕掛けられたため、ヨム・キプール戦争、あるいは第四次中東戦争と呼ばれる

 ユダヤ人国家全滅を図るアラブ諸国の戦略が変わったのは、この時点からです。軍事的な撲滅ではなく、西側諸国を政治的に使い始めたのです。特に国連や欧州諸国を政治的に活用することで、ユダヤ人国家として存在することの法的根拠に難癖を付ける手法への転換です。


2019年2月24−25日にエジプトの観光地シャム・エル・シークで開催された欧州アラブ会議=EADで会見するドナルド・トゥスク欧州理事会議長とシシ・エジプト大統領

  アンホーリー・アライアンス(EUとアラブ諸国の邪悪な同盟関係)

(海外ニュース翻訳情報局 えせとかいる)

第6弾の③に続く

第6弾の①はこちら

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアをお願いします。