【NATO:必読スピーチ】NATO創設70周年でのペンス副大統領のよる発言(全翻訳)

NATOでの米国のペンス副大統領のスピーチについては、すでに報じられているのでご存知だと思いますが、あえて全翻訳しました。
全体を通しての米国のメッセージをご覧ください。

Post by Mariko Kabashima 2019/04/11 8:10

NATO創設70周年でのペンス副大統領の発言

 Issued on: April 3, 2019

アンセム
ワシントンDC 
1:43 PM EDT

副大統領:

皆さんありがとうございます。温かい歓迎をありがとう。そして、ケイ・ベイリー・ハッチソン大使は、長い間、アメリカに「YES」と言ってきました。NATOの常駐代表に、アメリカに十二分にご尽力いただき、また寛大な言葉に感謝の意を表したいと思います。(拍手)

大使、ジョーンズ将軍、閣下、NATOを支援するとともに支持してくださる皆様に感謝いたします。

北大西洋条約機構 (NATO)創立70周年にあたり、第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプの代理として、大西洋評議会、ドイツ・マーシャル基金、ミュンヘン安全保障会議に参加でき、大変光栄に思います。70年間にわたる同盟はかつてないほど強固なものになりました。(拍手)

我々は、今日の歴史的な時に一堂に会しています。

明日は、米国と11の同盟国がこの都市で北大西洋条約「民主主義、個人の自由、法の支配」に署名し、「[我々の]民の自由、共通の遺産と文明を保護する」ことを誓ってから70年を迎えます。

以来70年間、米国は米国の公約を守り続け、欧州の同盟国にもずっと同様に行うよう促してきました。トランプ大統領が昨日、ホワイトハウスの執務室でイェンス・ストルテンベルグ事務総長と会談した際に述べたように、大統領の言葉を借りれば、「大きな進歩がなされ、NATOはより強力になった」ということです、我々が共に前進したおかげです。(拍手)

米国議会で強い超党派の多数派の支持を得て、トランプ大統領は世界史上最強の軍隊をさらに強力にするための断固たる行動を取りました。我々は、ロナルド・レーガンの時代以来、最大の防衛支出を実行しました。

我々は、力によって平和を推進する国家安全保障戦略を発表しました。大統領の指示で、核兵器の近代化に着手し、今年1月にミサイル防衛 (MD) 戦略を発表しました。

もちろん、軍事力の強化は、同盟諸国の強い経済によるものです。そして、この大統領の下で、米国では、米国経済を強化するために断固たる措置を講じてきました。米国史上最大の減税と税制改革を実施し、記録的なペースで規制を緩和し、相互貿易協定を締結し、米国のエネルギー規制をかつてないほど緩和しました。

我が国の実績は実に目覚ましいものがあります。このわずか2年の間に、アメリカでは大小さまざまな企業が530万人もの新たな雇用を創出しています。我々の失業率はほぼ50年ぶりに最低水準に達しました。株価が急騰しています。我が国は世界最大の石油と天然ガスの生産国です。今日、米国の歴史上かつてないほど多くの米国人が働いています。

その米国の新たな力で、米国の大西洋同盟は守られ、毎日更新されています。(拍手)

我々はNATOのパートナーと共に、すぐにでもバルト海およびポーランドに進出できるよう、戦闘準備態勢の整った戦闘グループを準備するための非常に即応性の高い合同タスクフォースを創設しました。

そして昨秋、NATOは冷戦終結以来最大の合同演習 「トライデント・ジャンクチャー(2018)」 を実施しました。

ご存じのように、NATOは今日、同盟国すべての支持のおかげで強くなっています。ほんの数分前にストルテンベルグ事務総長が演壇を去ろうとしていたとき、スピーチの終わりに私に手を差し伸べ「私はNATOがより強くなったと述べた」とおっしゃいました。そして、私は「はい、そのとおりですね」と答えました。そして実際のところ、NATOは、同盟国のコミットメントと、ドナルド・トランプ大統領の断固たる米国のリーダーシップ、そして米欧同盟のおかげで、今日、そのリーダーシップの下での集団安全保障のために目覚ましい進歩を遂げました。

考えてみてほしいのですが、我々はイスラム過激派テロリストとの戦いを、我々と同じ条件で、彼らの土地で行ってきました。イラクとシリアでは、トランプ大統領が、ISISを攻撃して撃退するために必要な権限を現場の米軍司令官に与えました。米軍の勇気と78の同盟国の努力のおかげで、ISのカリフはもはや存在しません。(拍手)

そして、彼らの勇気ある努力と犠牲のおかげで、我々は今、タリバンに対し、アフガニスタンが米国や同盟国、あるいは世界のいかなる主権国家に対しても攻撃を行うためにテロリストによって再び利用されることのないようにするための将来の解決策について話しています。

ドナルド・トランプ大統領の下で、米国は平和を達成するためのあらゆる機会をとらえると約束します。まさに、我々は大西洋を越えた同盟関係に対するすべての挑戦に力を持って取り組むつもりです。


トランプ大統領のリーダーシップの下、我々は、ウクライナへの過去数年間で最大の防衛兵器供与を承認し、武力による国境の再画定を試みたロシアに責任を負わせてきました。

米国はまた、英国に亡命しているロシア人への化学兵器攻撃の後、(ロシアの)60人の外交官を追放しました。我々の同盟国のほとんどは、そのような暴力に反対する明確な決意表明で追随しました。

数十年に及ぶロシアの条約違反の後、米国はNATO同盟国の満場一致の支持を得て、中距離核戦力条約から脱退する計画を発表しました。

NATOは昨年十二月、 「ロシアはNATO加盟国に重大な危険をもたらすミサイルシステムを開発、配備しており、1987年の中距離核戦力条約に違反している」 と宣言しました。

米国は、NATO同盟国の要請により、INFを完全に遵守するまでの道筋がはっきりすることを期待し、ロシアとの対話を継続する用意がありました。
しかし、ロシアは条約上の義務を履行することを拒否しました。すなわち、米国とNATO同盟国の懸念に応えることを拒否しました。そして今日、ロシアは、条約に違反したミサイルシステムの解体を拒否し続けています。

ロシアの重大な違反に対応して、トランプ大統領は決定を下し、事実上、INF条約第XV条に基づく脱退の意図について条約締約国に必要な6カ月の書面による通知を提供せざるを得ませんでした。米国は、ロシアがINF非準拠の地上発射巡航ミサイルシステムを秘密裏にテスト、製造、配備したことにより、NATO加盟国に重大なリスクを与えたため、この措置を取らざるを得なかったのです。

ロシアがINF条約上の義務を順守し、違反しているすべてのミサイルシステムを検証可能な方法で破壊することに同意しない限り、ロシアは今後6カ月以内に米国が撤退した場合の唯一の責任を負うことになります。(拍手)

今、トランプ大統領が効果的な国際的軍備管理、軍縮、不拡散にオープンである限り、米国はもはや、米国や同盟国に一方的な軍縮を強制するいかなる措置や条約にも同意しません。(拍手)

現在、米国は、NATOが米国の偉大な同盟国の抑止・防衛態勢の信頼性と有効性を確保するために必要なすべての措置を講じる用意があることに感謝しています。そのため、米国の防衛とNATOに歴史的な投資を行っています。

真実は、アメリカは再び世界の舞台をリードしているということです。しかし、その、リーダーシップの一部は、みなさんの言葉と同じくらい良いものであり、友人に約束を守らせることです。


2014年にウェールズで開催されたNATO首脳会議では、米国の同盟国すべてが自発的に、自国のGDPの少なくとも2%を防衛費に費やすことに合意しました。米国はそれ以上のことをしてきました。NATO加盟国の国防予算の2/3以上を占めています。

2017年のNATO首脳会議で、トランプ大統領はNATO加盟国に「公正な分配を行い、財務上の義務を果たそう」と呼びかけ、「加盟28カ国のうち23カ国が、(我々の共通とする)防衛のために支払うべき額を支払っておらず、支払いの義務を果たしていない」と指摘しました。

当時、大統領が述べたように、これは米国民や米国にとって公平ではありません。

実際、この点を指摘したアメリカの大統領は、トランプ大統領が初めてではありません。1963年にジョン・F・ケネディ大統領は「NATO諸国が応分の分担金を払っていないのに、欧州の軍事的保護のための支払いを続けることはできない」と述べ、「我が国はヨーロッパに非常に寛大だったが、今は自国に目を向ける時である」と続けました。

大統領の強力なリーダーシップが、我々の同盟国の一部の国々に衝撃を与えていることを、我々は認識しています。私は政権初年度に、加盟国の中の一人の首相と会ったことを覚えています。彼は懸念を表明し、アメリカが自由主義世界のリーダーであり続けることの重要性を私に述べました。そして、今私が話していることを彼に話しました。ドナルド・トランプ大統領がNATO同盟国に、自らの約束を守り、米国の共通の防衛に対して行ったコミットメントを守るようにと呼びかけたとき、それが「自由主義世界のリーダー」であるということです。(拍手)

NATOの最も強力な擁護者である二人の元駐NATO大使でさえ、今日のワシントンポストに、「欧州の防衛支出の低さは、NATOの将来にとって確かに問題だ」と書いているが、彼らは正しいです。

喜ばしいことに、トランプ大統領の要請により、NATO同盟国は強化し、1000億ドルの追加防衛支出にすでに合意し、さらに多くのNATO同盟国が2%のコミットメントを達成しています。NATO加盟国の大多数は、2024年までに財政上の義務を果たす計画を立てています。つい数時間前にNATO事務総長が議会で述べたように、負担の分担に関するトランプ大統領のリーダーシップは、NATOと自由世界の利益のために「実際に影響を与える」ものです。(拍手)


ですから、我々の同盟国の多くが現在、その約束を果たしていますが、それでもまだ多くの国が目標を達成できていません。そして、我々全員が認めるように、ドイツがその中心となっています。ドイツは欧州で最も大きく、最も健全な経済大国です。同国は世界有数の輸出国であり、何世代にもわたって米国の欧州保護から恩恵を受けてきました。しかし、昨年、議会に提出されたドイツの軍隊の状況に関する年次報告書は、ドイツ軍の即応態勢に明白な欠陥があることを明らかにしました。

しかし今日ここにいる間ドイツはGDPの2%に相当する必要な防衛費支出を未だに拒んでいます。苦慮の末、2024年までに防衛支出を国内総生産のわずか1.5%に使うことに合意しました。しかし、ドイツ議会に提出されたばかりの2019年予算案には、実際にはその合意すら満たされておらず、1.3%しか合意されていません。ドイツはもっとしなければなりません。

そして、同盟国がロシアに依存するようになった場合、西側の防衛を保証することはできません。トランプ米大統領が言及したように、ドイツがノルド・ストリーム2のパイプライン建設に固執するなら、ドイツ経済を文字通り「ロシアの支配下」に置かれる恐れがあります。また、ドイツがエネルギーをロシアにあえて依存することは間違っています。

NATOは相互防衛協定であり、一方的な安全保障協定ではありません。我々は、すべての同盟国がこの共同の努力に貢献することを必要としており、そのコミットメントを尊重し、我々のコミットメントを維持しています。

米国は、すべてのNATO加盟国が2024年までに自らの合意を履行し、2%の基準を満たすこと、そしてすべての同盟国が防衛支出の20%を主要な新装備に投資することを期待しています。我々は、多くの同盟国の間で、まさにそれを実現するための進展が見られたことに大いに勇気づけられています。


我々はまた、NATO同盟国が、我々の敵から武器、つまり同盟の結束を脅かす武器を購入している間、我々は傍観しないことを明確にしました。

トルコがロシアから25億ドル規模のS−400対空ミサイルシステムを購入したことは、NATOとこの同盟の強さにとって大きな脅威となっています。米国がパトリオット防空システムを利用可能にした後も、トルコがこの計画を進めているという事実は、非常に憂慮すべきことです。

私は、今日繰り返しますが、今週初め、米国防総省は、トルコがロシアのS-400ミサイルシステムの購入を完了すれば、トルコはF-35共同計画から追放される危険があることを明言します。これは、トルコの防衛能力だけでなく、同計画を供給しているトルコの部品製造業者の多くにも打撃を与える可能性があります。

その間にも、今週、我々はトルコ政府に対し、米国がF-35統合攻撃戦闘機に関連する全ての装備品のトルコへの輸送を直ちに停止するよう正式に通知しました。トルコは選択しなければなりません。トルコは、世界史上最も成功した軍事同盟の重要なパートナーであり続けたいのですか?それとも、同盟を弱体化させるような無謀な決定をすることで、その協力関係の安全を危険にさらしたいのですか?


おそらく今後数十年間にNATOが直面する最大の課題は、中国の台頭にどのように対応していくかでしょう。そして、我々は解決しなければなりません。中国の5G技術の課題にどのように対処するか、中国の一路一帯が提供する容易な融資金の課題にどのように対処するかを見極めるため、欧州の同盟国は日頃から取り組まなければならない課題です。

好むと好まざるとにかかわらず、中国の台頭の意味は、NATO加盟国が直面する選択に、個人的にも集団的にも大きな影響を及ぼすでしょう。

中国の影響力の拡大は、必然的に米国の注意が向けられ、資源が投入されることがさらに必要とされるでしょう。我々がその課題に対処する際、欧州の同盟国は、その資源を活用して米国の大西洋同盟の強さと抑止力を維持するために、より多くのことをしなければなりません。

そのために、NATO加盟国がオーストラリア、日本、シンガポール、韓国といった志を同じくするインド太平洋諸国と外交対話を始めたことに感謝しています。また、我々は、NATOのパートナーであるフランス及び英国がインド太平洋における航行の自由及び上空飛行作戦を強化するための最近の措置を歓迎します。

我々は、協力することによって、独立国が自らの利益を大胆に追求する自由で開かれたインド太平洋を維持することができます。隣人を対等に尊敬します。社会や信念や伝統が共存します。そこでは、すべての市民が神から与えられた自由を行使し、夢を追求することができます。


NATOの29の加盟国には、世界のGDPのほぼ半分を生産する約10億人がいます。この特別な同盟関係は、70年間の苦労し勝ち取った経験、成功、そして強固な関係によって、次の70年に直面しています。

米国の新たなリーダーシップが世界の舞台に登場し、我々の前に立ちはだかる課題は大きくなりつつありますが、我々は共に、自由な世界の未来をこれまで以上に輝かせることができることを、日々実証しています。

そして、これからの数日間でこれらの課題に対処するために立ち上がるとき、世界をより良く変える力を過小評価してはなりません。これは、我々が過去70年間にわたって証明してきたことであり、私が心から信じていることであり、次の70年のために証明していくことです。我々が強くなり、団結すれば、自由を愛する国々が達成できないことは何もないことを証明してきました。

しかし、我々の力、そしてこの同盟の力は、武器の力だけに由来するものではありません。それは最終的には、我々の共有された原則、我々が大切にしている原則と理想、すなわち自由、民主主義、正義、法の支配から生まれます。すべての加盟国は、これらが我々の強さの源泉であり、あれらがその国々の源泉であることを理解しています。

そして、それらは、奪うことのできない権利、生命と自由、そしてそれらが君主や政府や王によって我々に与えられたものではなく、アメリカの建国者たちが守ったように、我々の神によって与えられたものだという考えから来ています。
21世紀の挑戦に立ち向かう意志を表明するには、こうした超越した理想への信仰が必要です。これが我々の大義です。それが、NATOが存在する理由です。何世紀にもわたる争いと分裂の後、なぜヨーロッパは一つの自由なものとなったのか。

過去70年間、米国は欧州の同盟国とともに、大小さまざまな脅威から米国の生活様式を守るために立ち向かってきました。

戦争の惨禍が廃墟と化した大陸を後にしたとき、我々は協力してヨーロッパの再建に取り組みました。共産主義の亡霊がヨーロッパに訪れたとき、我々はソ連の脅威に立ち向かいました。

ベルリンの壁が崩壊し、旧ソ連帝国が崩壊した時、我々は、東欧の新しい民主主義を我々の集団に迎え入れました。

ワルシャワ条約機構を構成していた8カ国のうち7カ国は現在NATOに加盟しており、8番目のソビエト連邦は存在すらしていません。

過去五世紀にわたって、国家間の平均的な同盟関係が15年しか続かなかったことを考えると驚くべきことです。しかし、NATOは40年間、ソ連の共産主義的脅威に強く立ち向かいました。そして我々の決意の強さと神のご加護によって、その40年の間、われわれはそれに打ち勝ち、現在、明日の70年への自由のために戦っています。

米国は何世代にもわたって欧州に忠実であり、信念を貫いてきました。我々は、自分たちの祖先を自由のためにささげた信仰を守ります。

我々は、過去を共有しています。一緒に作りました。そして、我々は未来を共有します。今日、明日、そして毎日、皆さんはアメリカ合衆国が現在そしてこれからもヨーロッパの最大の同盟国であると確信することがでます。(拍手)

トランプ大統領が二年前にポーランドで語ったように、「我々の自由、文明、そして生存は、歴史、文化、記憶の結びつきにかかっています」。そして、そのことは信仰の基盤としています。大統領がその日言ったように、その信仰について、私は知っています。「西側諸国は決して破壊されることはありません。我々の価値観が勝ちます。我々の民は繁栄するでしょう。そして、我々の文明は勝利するでしょう」と。

私は我々の民と自由を愛する全ての人々を信じます。私はまた、我々が自由の原則を前進させ、自由が定着するにつれて、主の精神があるところには自由があると信じています。つまり、自由は常に勝利するということです。

ありがとうございます。この特別な記念日の前夜に、皆さん方の中に加わることを光栄に思います。皆さんに神の祝福がありますように。すべての同盟国に神の祝福がありますように。アメリカ合衆国に神の祝福がありますように。(拍手)


(海外ニュース翻訳情報局 樺島万里子)

※無断転載厳禁

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事が気に入ったらシェアをお願いします。